カテゴリ:暮らし( 60 )
Mainfest

f0205332_1401590.jpg

今日は Mainfest を散歩がてら見物してきました。

f0205332_1422648.jpg
f0205332_143164.jpg

f0205332_1442692.jpg

移動遊園地の様な感じで、沢山の乗り物がありました。
子供向けのお祭りなのでしょうか。
でもどれも結構なスピードが出ていて、大人でも十分楽しめそうでした。

f0205332_145495.jpg

景品なのか…とても大きな縫いぐるみがぶら下がっていました。
射的等もあって、ちょっと日本のお祭りを思い出したり。
(風情は全然ありませんがね…)

最終日の2日は10時から花火があがるみたいです。見に行こうかなぁ。

[PR]
by rike22 | 2010-08-02 01:49 | 暮らし
地獄の週末
f0205332_162927.jpg


…と言ったら大袈裟かもしれませんが、でも本当に暑かったですよね。
我が家は最上階故、室内が半端なく暑かったです。
とにかく涼を求めて?ショッピングセンターへ行ったり、プールに泳ぎに行ったり、
初めて Eiskaffee を頼んでみたりと、色々出かけてはみたものの、夜になっても
室内の温度が一向に下がらず、よってかなり睡眠不足の週末となりました。
昨日のドイツ語の授業中、本当に寝そうになりましたよ…

昨晩は風もあって幾らか凌ぎやすかったのが救いでした。
今日もこのまま行けば昨日よりはマシかなぁ…
ドイツの人に言わせても「異常な暑さ」らしいので、ひたすら我慢するしかないですね。
[PR]
by rike22 | 2010-07-13 16:07 | 暮らし
Public Viewing ?
f0205332_23543727.jpg

土曜日の対アルゼンチン戦、市内へ出かけて観戦しようということになりました。
試合そのものよりも、ドイツの人達が自国の試合をどんな風に観戦するか、
「人間ウォッチング」が目的でもあったわけですが。
四年後は絶対ドイツにはいないし、いい機会かなと思いまして。

当初はパブリックビューイングへ行く予定にしていたのですが、前日からの猛暑?が
続いており私は試合前からもうすでにぐったり…。
予定を変更してどこかで座って見れないものかと探してみても、カフェの席は既にほぼ
予約済みだし…。
結局、スターバックスの屋外席を陣取り、お隣のカフェのテレビをこっそり拝見させて
いただくことにしました。ちょっと後ろめたい気もしたのですが、同じように見ている
人が他にもざっと20人、通りすがりの立ち見の方々も大勢いたので、まあいいだろうと。
こんな感じのアングルでずーっと見ていました。

f0205332_2355037.jpg

それにしても4点も点が入るとは!点が入るたびに皆さん大喜びです

f0205332_23554086.jpg

試合直後の Hauptwache 近辺は本当にうるさかったです
帰りのバスでは、車から上半身(おまけに裸)を乗り出して市内を走る人達の姿にボー然…
次のスペイン戦はおとなしく家で見ようかと思います

f0205332_041737.jpg

こんなワンピースどこで買ったんだろう…
男性で、「黒い帽子、赤いTシャツ、黄色い膝丈パンツ」という格好の人も見ました

[PR]
by rike22 | 2010-07-05 00:06 | 暮らし
Zertifikat
f0205332_21384799.jpg


昨日 Zertifikat B1 を受けました。
語学学校に通い始めた当初は試験のことなど全く考えていませんでしたが、進むにつれて授業内容もテストを意識したものに変わってきて、周りの人もテストを受けるのが当たり前という雰囲気だったので、何となくその流れにのせられて受けることにしたのですが、それゆえここ一カ月は試験のことが常に頭のどこかにひっかかっていて、何となく落ち着きませんでした。

B1の場合、テストは
 ・Der Deutsch-Test für Zuwanderer (主に永住希望の方達が受ける試験)
 ・Zertifikat Deutsch
の二種類があるらしく、試験の評価の仕方も違うみたいです。
私が受けたのは後者で、「読む・聞く・書く」「口頭試験」それぞれ60%以上取れば合格だそう。
(詳しい内訳はココを参照ください)

試験ですが…私は生活する上でドイツ語を話す機会はかなり少ないので、やはりヒアリングと口頭試験がネックでした。筆記はモデルテストに比べて今回は結構易しかったのですが、ヒアリングは正直難しかったです(特に2番目のインタビュー)。ヒアリングって、自分がわりと得意とする内容だと分かりやすいと思うのですが、今回はイマイチつかみどころのない内容で…。
そして口頭試験。これは当日、筆記試験を受けている最中に、自分のパートナーと面接時間が告知されるのですが、私は運悪く一番最後だったので、なんと午後3時間以上も待つはめになりました。おまけに私のパートナーという人が、ドイツ在住20年以上という女性で、Zersifikat の場合は口頭試験が始まる20分前に準備タイムがあるのですが、その時も座って待っているだけでなーんにもメモしない…。本当にどうしようかと思いましたが、試験が始まる前に「ドイツ語を話すのはとっても苦手なので助けて下さい」ってお願いしてみたら、快く応じてくれたので本当に救われました。試験は気がついたら終了していた、という感じで、自分が何を言ったか全く覚えていませんが、試験官が終了後に "Super!" と言ってくれたので、多分大丈夫…だと思うんですけど 汗
ちなみに2番目の内容は「住むなら Stadt か Land か」で、3番目は「コンサートを開く」でした。

待ち時間は本当に苦痛でしたが、試験会場で数多くのクラスメイトに会ったので、その度にご挨拶と近況報告、試験の出来を報告するハメになり、久しぶりに一日中しゃべっていたので、試験が終わった後は本当に廃人のようでした…

何はともあれ、終わったー!!!という解放感で一杯です 笑
試験結果は二ヶ月後に届くとか…本当にドイツはこういうところはのんびりですね。
[PR]
by rike22 | 2010-06-27 22:13 | 暮らし
シュパーゲル
f0205332_1813253.jpg
連休前から先週の金曜日まで、私の母がこちらに遊びに来ておりました。
最終日の金曜日は、デュッセルドルフに出張に来ていた父が電車でフランクフルトまで移動して夜の便で二人一緒に帰国することになっていたので、ランチにこちらのお店で一緒にシュパーゲルをいただきました。
主人は先月、今月と出張者が来るたびにシュパーゲルのリクエストがあってもう既に十分堪能してしまっていて家では食べたがらず、よって私は今年初のシュパーゲルでした。母もこの日のために一週間シュパーゲルは我慢していました 笑 
ちなみに、先月母が義妹と日本でランチをしたお店でたまたま白アスパラガスがあったそうなのですが、お値段一本400円だったそうです…(そしてその場ではもちろん我慢した母)

自分の親に対してはさほど気を遣わなくて済むという意見もあるかもしれませんが、ここ数年会うのは年に一度位、私も家を出てかなり経っていることもあり、肉親とはいえやはり普段共に生活をしていないことから気を遣うことは多々ありました。それ以上に、会う毎に些細な行動や言動から老いを感じることが増え、会うことに対する嬉しさよりも寂しさのようなものが増えつつあるのも事実。今まで以上に色々感じることの多かった母の訪問でした。
…とはいえ、週末の旅行では良く食べ、良く歩き、孫のおもちゃやお土産を買いまくり、と私以上に元気だったんですがね 汗 おかげで今週末は私達がダウンしてました。
[PR]
by rike22 | 2010-05-31 18:29 | 暮らし
ブランチパーティ
f0205332_4433436.jpg

そして本日のブランチパーティ。
一番人気は…ミャンマー人が持ってきた(中華系のお店で買ってきたらしい)焼売でした。ちなみにチマキもみんな挑戦していました。結構チャレンジャーなのね…

今回のクラスは異様に話せる人が多く、前回のクラスと雰囲気が全然違って、始まった当初は授業の後にいつも頭痛がしていたのですが(情けない…)、みんなとても親切にしてくれました。
今後はとりあえず来月末に Zertifikat を受けて、さらに勉強は続けようと思います。ドイツ語を勉強することに対しては色々な思いがあるのですが(主人には、確かに私が今ドイツ語を勉強しているおかげで多少助かっているところもある一方で、英語をどんどん忘れているので、英語の勉強をした方がいいんじゃない?とも言われていて、確かに日本に帰ったら今勉強していることが何かにつながるのかなぁ?と考えるとやっぱり英語を勉強したほうがいいのか?とか)、限られた時間しかいられないこそ、ここで出来ることをすることもいいのではないかな、と思うようにしています。私がドイツ語を使う機会は本当に限られますが、語彙が増えると、ちょっとは知らない世界も覗くことができるようになるのでは?とも思うので。
[PR]
by rike22 | 2010-05-22 04:46 | 暮らし
ゴミ問題…その後
ここ数週間私を悩ませ続けたゴミ問題ですが…先週無事回収されました。といっても、実は3回目のダメ出しシールが貼ってあったので、これはいよいよ大家さんに相談しないとダメかなぁと思った翌朝キレイになっていた、というのが事実で、恐らく管理人さんがお掃除してくたのではないかと思います。でもこれって今回の問題の根本解決にはなっていないんですよね。犯人捜しをしたい訳ではないのですが、今回問題を起こした人が正しい分別方法を守らない限り、同じことは二度三度起きる可能性がある訳ですから。

そして週明け、家に溜まっていたプラスチックゴミ2カ月分を捨てに行ったら、今度は Restmüll が溢れていて。中を見ると、冷凍ピザの箱にハーゲンダッツアイスの箱、プラスチックケース…えーと、週末我が家の下のお家が明らかにパーティしてたんですが、もしかして彼等なの???確かドイツ人の若いカップルだったと思うんですが。実際捨ててるところを見た訳じゃないから何とも言えないのですが、かなり怪しい…。そしてとくに何もできない自分が情けなくもあります。また回収されない時があるだろうなぁと確信せざるを得なくなり、せっかく問題が解決したのに何だか気持ちが晴れません。

f0205332_055145.jpg先週ポストに入っていた FES の小冊子。分別方法やSchadstoffe(有害物質)の回収日等が書いてあります。よくよく読まないとダメですね。こういうの。捨ててる住人も沢山いましたが。問題目の当たりにした直後なのに、捨ててる場合じゃないだろーって思ったんですが。
[PR]
by rike22 | 2010-04-29 00:20 | 暮らし
お花見?と日本映画
f0205332_053995.jpg


とても暖かかった週末。今市内のあちこちで咲いている「桜(の様な花)」を見に行こうとマイン川へ。近くのパン屋でサンドイッチを買い、シートを敷いて寝っ転がって極楽気分でありました。

f0205332_0551188.jpg


ところが肝心のお花が…確かもっと咲いていたと思ったのに、探してもこの1本のみ。
(今日Hauptwache へ行ったら、旧証券取引所の近くの方がよっぽど沢山咲いていました…)

f0205332_0572344.jpg


久しぶりの抜けるような青い空。それもそのはず、普段は飛行機が飛び交っているフランクフルトの空も今はアイルランドの火山噴火の影響で飛行中止、でしたから。今ニュースをみたら、ぼちぼち空港が再開されている様ですが…まだ混乱状態は続きそうですね。

この後は Nippon Connection へ。私は今年初めて知ったのですが、もう10回目を迎えているんですね。教えてもらったのが金曜日だったので、もっと早く分かっていたら色々見に行ったのになぁ。でも本当に久しぶりに邦画を見れてよかったです。来年も行こうっと。
[PR]
by rike22 | 2010-04-21 01:05 | 暮らし
Luminale 2010
毎週水曜日に無料配布される新聞には週末のイベント情報が載っているので、いつも目を通しています。今週はフランクフルトで "Luminale" が開催されるとのこと。ルミナリエというと、日本だと丸の内や神戸のゴージャスなライトアップが目に浮かびますが、サイトを見てみると、どうやら色んな建物をそれぞれライトアップするだけの様子…まあでもちょっと見に行ってみるか、と最終日の金曜日の夜、日が落ちてから市内へ出かけてみました。

f0205332_18341722.jpg

地図を見て、ライトアップのポイントが集中しているところだけ行くことにしました。まずはドームへ。普段もある程度ライトが当たっている様な気がしていたのですが、周りの人達の「一眼レフ+三脚持参率」が恐ろしく高く、みんな写真を撮りまくっていたので、やっぱりこの日は特別だったんでしょうかね…普段は18時で閉まってしまうドームも、この日はまだ開いていました。

f0205332_18351970.jpg

お次はレーマー広場へ。レーマー広場から見るドームが美しかったので写真を撮ろうと(主人が)頑張ったものの、やはり三脚なしには無理があったようです。この建物はこの日明らかにライトアップされているということが分かりました。

f0205332_18354838.jpg

最後に Hauptwache に行ってみると、あたりのお店全てのショーウィンドウが赤色に染まっていました。最終日+金曜日とあって、本当に多くの人達が市内を練り歩いていました。来週末は "Nacht der Museen" (これは多分行かないと思いますが)。こうして夜のイベントが増えてくると、まだまだ肌寒いとはいえ春なんだなぁと感じます。
[PR]
by rike22 | 2010-04-17 18:47 | 暮らし
ゴミの問題
実は今、ゴミのことでちょっとした問題発生。
回収業者が、Gelbe Tonne のゴミを回収してくれない 涙

イースター前に、たまった紙類を捨てようとゴミ捨て場に行ったら、Gelbe Tonne が満杯で、蓋のところにシールがペタッと貼ってあるのを発見。読んでみたらどうやら「このゴミ箱に該当しないゴミが混じっているので回収できません」ということらしく。ちょっと中を覗いてみたら、ワインの空き瓶が数本ゴミ袋の間に突き刺さっていて、オレンジの皮らしきものまで入っていてびっくり。ちょうど自分もビンを捨てる用事があったのと、ビン類はほとんど汚れていなかったので、そのまま引っこ抜いてついでに家から(たったの)10m位先の回収ボックスに捨てに行きましたが…迷惑極まりない。でもどうにかしたくても、どの住人が捨てたのかなんてわからないし、まさかゴミ箱ひっくり返して分別する訳にもいかないし…仕方なく静観することにしたんですが。

イースター明け。恐る恐るゴミ捨て場を覗くと…再度シール発見 涙 ゴミ箱は溢れんばかり。更には Restmüll のゴミ箱にシリアルの箱発見…前々から結構ゴミの分類適当だなーと思わせる捨て方をしてる人がいるのは気づいていたんですが、こういう事態に陥るとさすがに怒りがわいてきます。我が家は二人だし、なるべくプラスチックゴミを増やさないよう気をつけてはいたんですが、1か月近く回収されないとなると小さな努力だけでは限界です。ドイツはゴミの分類が厳しいと言いますが、私からしてみれば日本で住んでいたとある市の方がよっぽど細かかったし、さほど大変だとは思いません。もしどういう風に捨てたらいいかわからなければココで調べれば済む話ですし。

毎週金曜日にハウスマイスターがお掃除に来てくれるんですが、今日もゴミ捨て場の掃除をしてはいたけど、そのゴミ箱の扱いについては見て見ぬふりをしているんでしょうか。ご近所付き合いもほとんどない(日中不在の人が多いみたい)し、この状況をどう打開したらいいのか分かりません 涙
主人は「大家さんにメール打とうか?」と言っていますが、それが正解なのかどうか。

次の回収日は多分来週。それで回収されなかったら…ホントどうしよう。
[PR]
by rike22 | 2010-04-17 00:35 | 暮らし