カテゴリ:渡米前( 11 )
渡米当日
東京では珍しく氷点下まで冷え込んだ朝だった。
11時前にチェックアウトし、ホテルに荷物を預けて、銀座コアにあるZoffでタケのメガネを作った。

More
[PR]
by rike22 | 2006-02-04 00:00 | 渡米前
渡米前日
タケは最終出社日。
私は特に何の予定もなかった。友達と会うことも出来たのだが、引越日と渡米日がfixしたのが直前だったのと、恐らく自分も疲れているだろうと思い、敢えて終日空けておいた。

あまり寝れなかった所為か頭がボーっとしていて、もう一度寝ようかと思ったけど、飛行機で寝れなくなるかなと思い、コーヒーを飲みながらスーツケースのパッキングをした。

More
[PR]
by rike22 | 2006-02-03 00:00 | 渡米前
引越当日
日通さんは午後イチで来る予定だったので、午前中にトランクに手荷物を詰めた。
我が家はタケの出張用トランクを一つしか保有していなかったので、同じものの色違いを購入。
それでも収まりきらずに、エルベのトートも出動することに。

航空便は重量制限が60㎏とのことだったが、重さで言われてもイマイチ検討がつかず、とりあえず詰めたダンボールは5つとなった。だが明らかに重量オーバーだったようで、慌てて台所用品の詰まったダンボール2箱を1箱にまとめても、結局トータルで135㎏になってしまった。でもはっきりいって60㎏にしようと思ったら、船便出した後の生活が不可能になると思う。他の人はどうやって乗り切るんだろう…。超過したらその分お金を払わなきゃいけないのだが、そこはネゴシエーターのタケが日通と人事に交渉して「知らなかったことに」してもらった。

More
[PR]
by rike22 | 2006-02-02 00:00 | 渡米前
引越前日
タケは普通に会社へ。私は朝から(明日出す航空便の)荷造り開始。
午前中、ANA無料スカイポーターサービスを頼んでおいたので、スーツケース一つと、日本の食材がふんだんに詰まったダンボールSサイズを一つお願いした。船便を出す直前に気がついたのだが、米国は食料品を一切送れない。現地で日本の食材は車で30分程のところにあるAZUSAという町のスーパーで手に入るらしいが、暫くは落ち着かないだろうと思い、お醤油等の調味料や乾物を多目に買っておいたのに…。手荷物ならOKということなので、処分するのも悔しいから手荷物で持っていくことに。タケは「現地で買えるし…」と乗り気じゃなかったが。どうせ向こうに行ったらすぐ日本食食べたいとか言うだろうに。

まだ手付かずだった台所周りや、なんだかよく分からない小物類を選別しながら箱詰め。
でも何気に今日は結婚記念日。あまりにもバタバタしていて、タケから言われるまで気にも留めてなかった…。せっかくだからどこかで食事をしようということに。
(以下ほとんどグルメ備忘記録)

More
[PR]
by rike22 | 2006-02-01 00:00 | 渡米前
引越2日前
いよいよ作業も大詰め。
日曜日には、タケのやる気が漲っているうちに、家の片付けをお願いした。
引越が木曜日だから、平日3日あれば自分で何とかできるかな~と思っていたけど、実際片付け始めたら想像以上に大変で、タケをおだてつつ、あれこれやってもらった。
昨日は、電気・水道・ガス・電話・新聞・NHK の利用停止の電話連絡。携帯は出発当日空港で解約する予定。
今日は市役所へ転出届を提出(世帯主でなくてもOK。印鑑証明登録も同時に抹消した)し、郵便局へ転送届を提出し、不要な銀行口座を解約。
明日は台所周りの荷造をしなくては。

タケは会社にて
・引越し手配(家電の実家/友人宅転送も依頼)
・現住居解約依頼(借上社宅なので会社に依頼)
・飛行機のチケット確認
・米国のホテル予約(住居が決まるまで)
・海外旅行保険の手配(現地子会社で保険に加入するまでのもの。二週間)

分業して乗り切らないと。
[PR]
by rike22 | 2006-01-31 00:00 | 渡米前
VISAの申請
今日はいよいよビザの申請の為米国大使館へ。
タケが「面接時間は午前9時からだけど、8時から受付開始だし、沢山並ぶらしいから、7時半に行こう」ときかないので、朝5時半起床で日の昇らぬうちに家を出るハメに。着いたら5人並んでいた。

今回私達が申請したのは、Eビザ(貿易家・投資家ビザ)。普通はLビザ(企業内転勤者ビザ)で面接も不要なのに、現地子会社の意向でこうなった。取得出来る確約がないとか、取れなかった人がいるとか聞かされていて、現地弁護士が書類一式を作成してくれたから大丈夫と思いたいのにやっぱり不安が付きまとう。

More
[PR]
by rike22 | 2006-01-25 00:00 | 渡米前
引越荷物
引越は確かに大変。でも不用品を処分する絶好のチャンスでもある。
元々モノを溜め込むことが嫌いな私の格言は「一年使わなかったモノは今後使うことはない!」いつか使うかも…って一年も使わなきゃ多分今後も使わないし、処分したところで「あああの時捨てなきゃよかった」なんて思うこともまずない、と常々思っている。

という訳で、我が家は恐らくモノが非常に少ない家だと思うが、それでも秋くらいから荷物を吟味してきた成果もあって、船便は(ゴルフバッグとソファー各1を含んで)20箱もなかった。まあ今回は海外転勤とあって、国内であれば持参するものも処分せざるを得ない事情もあるのだが。

More
[PR]
by rike22 | 2006-01-14 00:00 | 渡米前
銀行口座を作る
お金をどうやって持っていくか…私が後から行くなら、タケが銀行口座を作った後日本から送金すれば済む話だが、一緒に行くからそれは無理。かといって何でもかんでもカードで支払うのもなぁ…何かいい方法はないだろうかとアレコレ調べていたら、

あった
f0205332_2325324.gif
 三菱東京UFJ銀行の海外口座ご紹介サービス。日本にいながらにして、現地の口座が作れるという素晴らしいシステム。ネットでの取引は勿論、電話での日本語対応サービスもある。幸いUNION BANK OF CALIFORNIA はタケが勤める会社との取引もあって、給与振込口座にもできる銀行だったのでこれはもう作るしかない!

旧東京三菱銀行のタケの定期預金口座を総合口座に切り替え、年末ギリギリに郵送で申し込み。年明けには手続き書類が届いたので、テレフォンバンキングでSAVING ACCOUNT と CHECKING ACCOUNT へそれぞれ送金。タケが会社から帰ってきて夜中の1時過ぎに電話したが、とっても爽やかな声をした男性が応対してくれた。
後日無事ATMカードと小切手も届き、これで現地でお金に困ることはなし!
いやはや、便利な世の中になったもんだ…。
[PR]
by rike22 | 2006-01-10 00:00 | 渡米前
高等部の友達と会う
とりあえず大学は今日までということにした。
約2年間お世話になったが、大学内部の異常な面を沢山見ることができた。
大島先生と佐藤先生からデザインのお話を色々伺うこともできた。
仕事らしい仕事は何もなかった(ほとんど番人状態だった)が、お給料もそこそこよかったし、今となってはなかなか面白い体験をさせてもらったと思う。

学生と接する機会はあまりなかったのだが、2年生の中には、大島先生と企業とあるプロジェクトを進めていて事務室で作業をする学生が何人かいて、その子達には別れを惜しまれた。
授業のTA(teachng assistant)を勤めていた大学院生達には「池内さんがいないと4月からまた大混乱っすよ~」と言われ、授業が終わった後にはきちんとお別れの挨拶までしてくれた。ちょっとは役に立っていたのかもしれない。

夜は高等部の友達と会う約束をしていたのだが、最後の授業でプレゼンがあって長引いたらしく、帰るに帰れない状態で結局大遅刻をしてしまった。

More
[PR]
by rike22 | 2006-01-09 00:00 | 渡米前
大学にて
12月中旬に、大学側には「1月中旬に渡米します」と言ってしまった。
結局冬休みの間に最後の授業(来週18日水曜日)までは出勤が可能となったので、今日その旨を先生に伝えようと思ったのだが…

More
[PR]
by rike22 | 2006-01-08 00:00 | 渡米前