Solvang
三連休を利用して、ロサンゼルスから少し北にある Santa Barbara と
Solvang へ行ってきました。
決めたのが相変わらず直前だったので、行き当たりばったりでしたが…
(タケに計画性を求めるのが間違いだと最近は諦めている)

CA2N4X6P.jpgちなみに場所はこの辺です
f0205332_23252413.gif


途中、Camarillo Premium Outlet を通るので寄ってみた。家からだと1時間半以上かかるので、 Desert Hills の方がいいかな。ブランドも国内ブランドが多かった。でもバナリパがあったし、コーチはこちらの方が品物が豊富だったかも。これから旅行だというのに、タケはバナリパでパンツを購入…私もまだまだ暑いのでフレンチスリーブのカットソーを購入(何と$6だよ
f0205332_23253038.gif


のんびり買い物してると、目的地にたどり着かないので、今日はさらっと
様子を見る程度にしてアウトレットを後にした。





KIF_3013.JPG サンタバーバラまであと1時間くらいの所になると、fwyはずっと海岸沿いになった。日本の海と違って何となく壮大な気がする。fwyが所々で途切れているのだが、それは切れ目にビーチがあって、海水浴客が道端に路上駐車が出来るようにしているんだと気付いた。



海岸沿いから山の中へ入り少し走ると、ヨーロッパの田舎の様な農場が広がってきた。その先にあるのが目的地のsolvang。
早速観光案内所へ…と思ったら、4時までで閉まっていた
f0205332_2325312.gif
一応観光名所なんだから、休みの日くらい遅くまで営業すればいいのに…
ということで、街の成り立ちはネットで調べた。

~この地は、元々はネイティブ・アメリカンが住んでいた土地でしたが、19世紀初期にスペイン系の移住者によって修道院が建てられ、開発が進められました。さらに19世紀末から20世紀の初めにかけて、スカンジナビア系の移民がこの土地に移住しはじめ、1911年にデンマーク人によってソルバングというコミュニティが作られたのが、町の始まりです。ちなみにこの「ソルバング」という意味は、デンマーク語で「Sunny Field」(日の当たる野原)を意味します。
ヨーロッパ風の町並みに統一され始めたのは第二次世界大戦後です。特に、この町で行われていた「デーニッシュ・フェスティバル」に、60年代・70年代になって観光客が訪れ始めた事がきっかけとなり、自分たちのルーツを活かしながら、観光ビジネスとして魅力のある環境を作りたい、との思いから、整備が進められました。最近までは、デザインや建築に関する規則はありませんでしたが、1989年になって市が町作りに関する規則をまとめ、細かな建築に関する規制が始まり、一層デンマークらしい町づくりを目指す事となりました~ (Japan Design Net より)

KIF_3008.JPG
KIF_3011.JPG
KIF_3005.JPG



ここはまさしくヨーロッパ…
街そのものも1時間もあれば十分に散策できる広さ。街の中央にはお決まりの広場があって、みんなゴロゴロ。

ここで楽しみにしていたのは、デニッシュを買うこと。
デンマーク発祥のデニッシュを売るベーカリーが、街のあちこちにあった。
店員さんはみんなエプロンつけててカワイイ。
売っているデニッシュは、定番のカスタードからクリームチーズ、イチゴジャム等等。ケーキ類もあって、これまたヨーロッパらしいカスタードクリームたっぷりのシュークリームやエクレア、クッキー等。時間が遅かったので一つ朝ゴハン用に購入して、クッキーは散策中にもぐもぐ…アメリカのフニャフニャクッキー(カントリーマームみたいな)が嫌いな私には普通のクッキーも美味しく感じた。

KIF_2998.JPG1件、クリスマス用品を扱うお店があった。店内は年中クリスマス!繊細な飾り物が所狭しと並べられていて、全部欲しくなるような素敵なデザイン!何かドイツを思い出した。冬のドイツってこういうお店を覗くのが楽しかった記憶がある…


他のお土産物屋で気になったのが、木靴を売っていたこと。どうみてもこれはオランダ製だろうっていうものが沢山あって。おまけにこれはデルフト焼きだろう、っていう陶磁器も売っていて。街の発祥と何か関係があるのかと気になって調べてみたら、「1911年にミッドウェストに住んでいたオランダ系の移民がマイルドな気候の地を求めて住み着いたのが始まり…」という説もあるらしく、本当のところは分からないが、まあ何かしら関係はあるんだろうな。デンマークもオランダも、どことなく似てるしね。


6時前にソルバングを後にして、サンタバーバラへ移動。
夜は街の中央通り(ステート通り)へ行ってみた。日が落ちても沢山の人達が行きかう。飲食店も多いし。一件行列していたイタリアンがあったので、暫く我慢して待つことに。アメリカのシカゴピザではなくて、クリスピーな薄い美味しいピザをいただくことが出来た。やっぱり観光地は食べ物が美味しいなぁ…
[PR]
by rike22 | 2006-09-03 00:00 | 観光
<< Santa Barbara 駐妻発見 >>