パスポートの更新
実はパスポートが8月初旬で期限切れ…
渡米前に更新すればよかったものの、ビザの申請のために早くからコピーを弁護士に渡してしまったりしていたので、結局そのままこちらに来てしまった。
パスポートの更新はロサンゼルス領事館に出向いて手続きをしなくてはならない。おまけに発給されるのは一週間後なので二回行かなくてはならない。面倒くさい…
遠方の人は午前10時までに申請すればその日のうちに発給されるらしいのだが、車で一時間の Rancho は当然のことながら適用外。

さて、問題はどうやって領事館のある Downtown まで一人で行くか。





一応仮免許は持っているけど、身分証明の役割は果たさない1枚の紙切れ。
おまけに Downtown までの Freeway 10 は交通量がとても多く(おまけに車の運転の荒さはお墨付き。以前タケ同伴で試しにマルカイまで運転してみたら、前の車が車線変更しようとした車と接触寸前で恐ろしい思いをした)まだ一人で運転する自信もない。かといってこの手続きの為だけにタケに会社を休んでもらうわけにもいかないし。

そこで、以前から気になっていた Metrolinkに乗ることにした。
海外の電車=危ないというイメージがあって、タケは難色を示していたのだが、最近知り合いになった日本人女性(永住組)が過去九年間 Downtown のオフィスに出勤するためにこの電車を使用していたと聞いたので。もともとこの電車は通勤用に作られたもので、タイムスケジュールを見ても分かるとおり1時間に1本の割合。警察や保安官も通勤に使っているとのこと。

とりあえず駅までは車で。
屋根も改札もない駅舎に、切符の自動販売機があった。往復で$15。(後で気がついたのだが往復切符は3時間以内に復路につく場合のみ有効らしい…)
駅で電車を待っている人の顔ぶれを観察すると…カップル、若い男の子二人組み、明らかに出張に行くと思われる女性、親子連れ等。
電車は予想に反した二階建てのゴツイ車両だった。とりあえずは一階に座った。
隣の駅でスペイン系の8人くらいの家族連れが乗ってきて私の横を陣取って、更に次の駅ではベビーカー二台を含む家族連れが乗ってきて、行楽状態…。とりあえず安全はキープできた模様。

Downtown から領事館へは更に地下鉄に乗る必要があった。この地下鉄に関しても一応大丈夫とのコメントをもらっていたのだが、やはり地下というだけで暗いし、客層もメトロリンクとは何となく違うような…。それでもお昼休みの時間帯とあってビジネスマンが結構いたので、その人達の傍に座った。

地上に出て、地図を片手に領事館を目指した。ちょっと方向が分からなくて一瞬変な地域に足を踏み入れてしまったが、何とか無事到着…。

まずはパスポートの写真を撮らなくては。
日本のパスポートの顔写真って、上下の空きが何㎜とか結構うるさいでしょ?ドラッグストアや郵便局でもパスポートの写真は一応取れるらしいのだが、それはアメリカのパスポート用で大きさ等も微妙に違う可能性があり、行って却下されたら嫌だなぁとネットで調べたら、領事館の入っているビルの地下にある旅行代理店で撮ってもらえるとの情報があったので、とりあえずそれに賭けてみることにしていたのだ。
カウンターのヒマそうなお兄さんに事情を説明したら即OKの返事。写真の規定が厳しいけど大丈夫?と念押ししたら、領事館のHPの写真説明のコピーを持っていた。「この辺りは日系企業が多いから、特注でやってるんだよ。僕はプロフェッショナルだから大丈夫」だと。

領事館では書類に必要事項を記入するのみ。
あまりにもすんなり受理されたので拍子抜けしてしまった。当たり前のことなのに…どうもアメリカでは一筋縄ではいかないから、それになれてしまったんだろう。受付の(若作りした)オバサンに、「私、立川に住んでたことあるのよ~競輪場の近く!」と緊急連絡先の実家の住所を見て言われた。
私が今回申請したのはもちろん10年用なのだが、どうやらICチップが入っているらしい。

さて用事は終わった…といっても Downtown なんて特に観光するところもないし、治安もさほどよくないのでまっすぐ帰宅することに。
行きの地下鉄が何となく怖かったので、帰りは明るい外から行った方がいいかなと、なるべく人通りの多い大通りを選んで駅まで向かった。が、外は外でホームレスが沢山いて、ここ数日の猛暑もあって悪臭が漂っていてちょっと後悔…(おまけに後から色んな人に「Downtown を一人で歩くなんて無謀だよ!」と言われた。一応「話しかけないで下さいオーラ」を出しながら、きょろきょろせずに、黙々と歩いてはいたんだけど)

帰りのメトロリンクの車内は一転して、ビジネスマンだらけ。おまけに皆さん日本の電車同様普通に寝ている(笑) 私の隣には女性の保安官が座っていたのでこれまた一安心… Rancho Cucamonga の駅では予想以上に多数の人が下車していた。車での通勤は絶対渋滞だし、ここ数ヶ月ガソリン代も高騰しているから、ちゃんとした通勤手段なんだなぁと思った。

<後日談>
一人で地下鉄に乗ったと言ったらタケは大慌て(ちゃんと言ったと思ったんだけどなぁ)。取りに行く時は休むからと、一週間後は車で領事館まで連れて行ってもらった。
面倒なことに、旧パスポートは"VOID"なのだが、VISA と I-94(滞在許可証)はまだ有効期限内なので、アメリカ国外に出るときには新しいパスポートと両方持参しなくてはならない。
アメリカ国内では、免許証があればそれが身分証になるのだが、実技試験に合格してから二ヶ月経った今も未だこない。ということで、帰りにDMVに行って文句を言ったら、イミグレの件は分からないからココに電話しろと連絡先を書いた紙を渡され THE END 。その場で即電話をしたらアレコレ聞かれて結局「三週間以内に送る」とだけ言われた。果たして届くかどうか
f0205332_2325312.gif

[PR]
by rike22 | 2006-07-28 00:00 | 新生活
<< Santa Monica Grand Canyon 早朝編 >>