お友達ができた♪
土曜日。
タケは朝イチで上司と同僚とゴルフの練習。
二時間弱で帰宅。その後散髪と洗車。フル稼働。

昼食後、映画を見に行った。M.I.Ⅲ。当然英語の映画なんて理解できない
けど、これなら画面見るだけでも話の進行は分かるだろう…と。
オンタリオミルズの映画館へ。二人で$15。日本の一人分以下。
映画館は日本のシネコンみたいに沢山の部屋に分かれていて、一部屋自体
はさほど大きくない。開始10分前でもガラガラだった。
見た感想…ストーリー的には大したことない。トム・クルーズのプロモと
いうような感じ。アクションシーンはそれなりにすごかったけど。

そして夜。今日はRancho Cucamonga に住む日本人の子と会う約束。







こちらに来てからmixiを始めた。最初はTMの同僚との近況報告用としか
思っていなかったが、意外とアメリカ在住の日本人も多数いることが判明。
ネット上ではあるが少しずつお友達が増え…四月半ば、一通のメッセージ。
"Rancho Cucamonga"というマイナーなキーワードをたよりに私をみつけて
くれたえみさん。彼女は26歳で、アメリカ留学時代の彼と帰国後四年間の
遠距離恋愛を経て昨年夏に結婚し、こちらに戻ってきたとのこと。
Rancho に日本人がいるってことだけでも驚きで、すぐメッセージを返信。
それからメールをする中で、旦那様が無類の車好きということも分かり、
これは男同士も話があいそうだし、是非近々会いましょう、ということに
なったのだ。

mixiの日記の写真を見てカワイイ子だなぁと思ったけど、実際に会うと
写真以上に可愛くて。矢田亜希子にそっくり。
台湾人のダンナ様は話題が豊富で気配り上手。一応こちらの方が年上なのに
場をてきぱき仕切ってくれて…。

えみさんは国際結婚、ダンナ様のご両親・祖父母との同居、アメリカでの
仕事探し等、今まで本当に大変だった様子が伺えた。
アメリカに来て、国際結婚をしてこちらに住んでいる人は本当に多い。
彼女達はアメリカに「永住」する。その決断には本当に恐れ入る。
私達はいつかは日本に帰国する訳で、だから今は割り切って生活ができる。
自分で決めた道だからそれはその人自身の問題、と所謂「自己責任」という
言葉で片付けることももちろん出来るけど、日本に帰れない寂しさとか、
永住に対して本当に良かったのか、という呟きを聞くと、私達の当たり前の
生活がとっても贅沢なものに思えてならなかった。
世界は広い。

でもまだ新婚ホヤホヤのえみさんご夫妻。えみさん、いつもダンナ様の方を
向いてるのだ。ますますカワイイ。
タケが(私に)「いや~、ラブラブだねぇ」ってオッサン発言だよ…。

お店を出た後、まだ少し早かったので、我が家に来てもらった。
結局11時くらいまで他愛の無いことを話して笑って…。
これからもいいお付き合いが出来ると嬉しいな。
[PR]
by rike22 | 2006-05-13 00:00 | 日記
<< Motherchr(hex 3... 英語の勉強 >>