免許
今日は免許の筆記試験を受けた。

カリフォルニア州は、住民となった日から10日以内に免許を取得しなくては
ならないという無茶苦茶な法律がある。国際免許や他州の免許については、
6ヵ月以上州内に滞在している場合は使えなくなる。
とりあえず早く取ることにこしたことはない。
身分証明書としても有効なので。
(免許を持たない人の為の公式な身分証明書=Identification Card もDMVで発行してもらえる。でもロスは車が無ければ何処へもいけないので、申請する人はまずいない気もする…)

免許取得の流れは以下の通り。
 ①DMV(Department of Motor Vehicle Office)に行き申請書に記入する
  ※ネットで事前予約が必要
 ②受験料$26を支払う
 ③視力検査、写真と指紋を取る(写真は撮り直しなし。日本より最悪の出来)
 ④筆記試験を受ける
 これで実技練習許可証(1年間有効)がもらえる

実技試験に合格すれば仮免許がもらえ、2ヵ月後に正規の免許証が郵送される。

 



申請にあたってはSSNが必要だと思っていたが、最近SSNの発行が厳しくなっていることから、こんな措置が取られているようだ。実際私はSSNがなくても大丈夫だった。でもちゃんとDHSに確認している様には思えなかったけど。
受験料$26は1年間有効で、試験代3回分(筆記・実技)が含まれている。3回落ちたら再度$26払って筆記試験からやり直し。
視力検査は申し込みのカウンターで。カウンターの天井からアルファベットが書かれたボードがぶら下がっていて、それを見て答えた。適当。

カリフォルニア州は日本語で筆記試験が受けられる。
サンプル問題は日系スーパーにおいてある電話帳の中に少しあったが、それだけでは不十分。このページでひたすらお勉強。本当はDMVに置いてあるルールブックを見ないといけないんだけどね…
Ranchoで日本語の試験問題受ける人なんてそうそういないらしく、担当者が倉庫の奥からダンボールを引っ張り出してきて、その中からごそごそ探してやっと出てきた。問題は36問(三択問題×24、標識問題×12)で6問以上間違えると再試験となり、18問中3問以上間違えなければ合格。
恐らく数年は改定していないと思われる。初めて見る問題は一つも無く、二人とも無事合格!

仮免許は、免許保持者の同伴があれば、路上を自由に運転できる、らしい。
とりあえず私たちはまだ国際免許が使えるので一人で運転しても大丈夫だと思う。
路上テストは5月18日に受ける(最短でその日しか予約ができなかった)。
その報告はまた後日。
[PR]
by rike22 | 2006-04-17 00:00 | 新生活
<< Calico Ghost Town クレジットカード >>