家具を買う
二人ともAmerican Furnitureが好みでないことが重々分かったので、今日は朝からIKEAに直行。今日買えば明日には配送してもらえるから、やっとダイニングで座って食事が出来る。日本で使用していた家具は、ソファー以外はトランクルームに置いてきた(アメリカの家具は大きすぎて日本では使えないと聞いていたので、割り切って現地購入するつもりで来た)ので、イチから調達しなくてはならない。でも恐らく3~5年しか使用しないことを考慮すると、あまり高いお金を掛けて揃えるのは考えもの。なるべく低予算でセンスのいいもの(無謀)を探す。私は家の内装の雰囲気からベージュ系の家具にしたかったのだが、タケが「それじゃ日本にいた時と変わらないからつまんない」というので、私は折れて白をメインにすることに。

IKEA は、北欧発祥の家具店なので、置いてあるもののセンスが本当に良い。日本にいるときILLUMUSに入り浸っていた私にはまさに買い物パラダイス♪でもまずは必要なものから…。





ikea①.JPG
お買い物前に、カフェで朝食兼昼食。
プレートはBreakfast Menuで99¢。ベーグルの方が高い。





ikea②.JPG
倉庫まで来て買うつもりのテーブルの在庫がなかった…。
このシステムの欠点が判明。




夜は本田さんのお宅に伺った。どうもタケが「白いゴハンが食いたいです」と言ったらしい。図々しい…と思ったら、要は白い米は炊くけど他(=おかず)は宜しくね、ということで話が纏ったらしい。で、何を作ろうか。料理本を航空便にぶち込んでしまっていて、正直アレコレ作れる自信もなく…結局カレー。1人じゃ作らないだろうし、残ったら食べてもらえるし、と色々理由をつけて勝手に納得し、材料を抱えてお宅訪問。
本田さんは60歳をとうに超えているのに、Ranchoでの単身生活は6年目に突入している。本当にマメな人なんだろう、家の中もきちんと片付いていて、キッチンを使わせてもらったのだが、ありとあらゆる道具や調味料が揃っていてびっくり。ご自身作のしいたけの煮付けをご馳走になったが、これまた美味しくてびっくり。食事中も楽しいお話を沢山してくださり、ご自分のお子息より年下の私達にここまでして下さるお心遣いが本当にありがたかった。帰るときも、お米やら日本語の情報誌やらを沢山持たせてくれた。

松ぼっくり.JPGこれ、裏の山で取れた松ぼっくり、らしい…。
何でも大きいアメリカ。
[PR]
by rike22 | 2006-02-11 00:00 | 新生活
<< 航空便が届く 新居2日目 >>