アメリカの電化製品を使う
いよいよ明日は引越し
f0205332_2325329.gif
ホテルに軟禁状態も今日で終わり(だけど明日から新居でまた軟禁状態なんだよね
f0205332_2325312.gif
)

今滞在しているホテルは、長期滞在者向けのホテルで、キッチンがついていて、調理用具や電化製品、食器類も整っている。お部屋のクリーニングもこちらから依頼しなければされない。

新居のアパートも、台所周りの電化製品は全てついているらしく、これはアメリカでは一般的な様だ(家具付はほとんどないらしい)。
新居でいきなり使い方を間違えて故障なんて事態を避けたかったので、一通り使っててみることにした。





日本ではありえないことに、アメリカの台所には食器自動洗い機がついている。どんだけ大量の食器を洗うのか知らないが、相当のサイズである。とりあえず、自炊した日に使用したお皿2枚とフォーク&ナイフ、まな板などを突っ込み、タイマーを回す。洗濯機並の大音量。はっきり言って水の無駄遣いとしか思えない。おまけに1時間以上かかる。食器は手で洗おう…

オーブンは一応色んな機能がついている様だが、厄介なのは温度設定。
全ての単位に言えることだが、アメリカと日本&ヨーロッパではあらゆる単位が異なる。
気温・温度は「摂氏=℃」が「華氏=゜F」になる。本田さんが「80゜Fで28℃、60゜Fで16℃が覚えやすいよ」と教えてくれた。気温であればこの数字を覚えておけば何となく分かるが、オーブンとなるともう分けが分からない。先日お昼に冷凍のトルティーヤを説明書通りに温めたら、5分もしないうちに中身が出てきて危うく爆発しそうだったし…一覧表でも貼っとくしかないかな。

滞在5日目ともなると、洗濯物も溜まっている。
幸いホテルにコインランドリーがあるので、勇気を出して?洗濯もすることにした。
フロントでコインランドリーを使いたいと言うと、洗濯に1$、乾燥に1$、それぞれ25¢コインを使うとのことで両替してもらい、「洗剤はいるか?」と聞かれたのでありがたく頂戴した。
次は洗濯機に書いてある説明とにらめっこ。図式の説明と英語の説明が併記してあるので、大体使い方は理解できる。ところがコインを入れてもウンともスンとも言わない。たまりかねて隣で洗濯をしていた外人のおじいちゃんに助けを求めたら、どうもコインの入れ方がよくなかったらしく、無事回り始めた。30分かかると出たので、おじいちゃんに御礼を言って一旦部屋へ戻る。次は乾燥。アメリカは洗濯物を外に干す習慣はなく、ほぼ乾燥機を使用するそうだ。粗悪な衣類が多いのも、結局すぐ痛んでしまうからかな…。こちらは洗濯物の種類に合わせてHEAT,HEAT&COOL等書かれていたのですぐに分かった。
タケのYシャツはアイロンしないと…ということで、クローゼットの中にあるアイロン台を取り出す。

でかっ
f0205332_2325324.gif


アイロンはコンセントをさしたらいきなり電源入るし、スチーム設定にしたら湯気がもくもく出てくるし。こんなところにもアメリカらしさを感じてしまう。
そういえば先日ちょっと見学したお店で見た掃除機も相当でかかったな…Dysonとかだったし。なるべく小さいの買おう…。
[PR]
by rike22 | 2006-02-08 00:00 | 渡米後
<< 新居へ 銀行で小切手を切る >>