引越荷物
引越は確かに大変。でも不用品を処分する絶好のチャンスでもある。
元々モノを溜め込むことが嫌いな私の格言は「一年使わなかったモノは今後使うことはない!」いつか使うかも…って一年も使わなきゃ多分今後も使わないし、処分したところで「あああの時捨てなきゃよかった」なんて思うこともまずない、と常々思っている。

という訳で、我が家は恐らくモノが非常に少ない家だと思うが、それでも秋くらいから荷物を吟味してきた成果もあって、船便は(ゴルフバッグとソファー各1を含んで)20箱もなかった。まあ今回は海外転勤とあって、国内であれば持参するものも処分せざるを得ない事情もあるのだが。





まず、家電は全て処分(会社が倉庫を借りてくれるが、保管しても帰国する頃には大抵故障してしまうらしく、保管不可となっていた)。
そこで処分する方法を考えることに。
 ①廃棄:家電4品目(テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫)は2,400円~4,600円の
     リサイクル料+収集運搬料に消費税を加えた金額を支払う必要あり。
 ②業者にお願いする:「家電何でも引き取ります」みたいな業者に聞いてみたら、
     冷蔵庫が¥800と言われ凹んだ。10万円以上して3年も使ったないのに…。
よって、まだ十分使える物は家族・親戚・友人等に連絡して引き取ってもらうことに。
ちなみに現地で借りるアパートには、冷蔵庫、電子レンジ、食器洗乾燥機、洗濯乾燥機等、ほとんどの家電がついているそうだ。これはとっても助かる!

家具はソファー以外は日本に置いていくことに。家のサイズも違うし、今使っている家具は小家族用で、来客などあったら到底対応できないので…。

荷物の大まかな仕分けは終了。問題は…ゴミ
f0205332_2325312.gif

恐らく日本のどの地域でもゴミの分別・ゴミ出しの日にちは決まっていると思う。
一応計画だててゴミはこまめに出していたが、粗大ゴミは市のリサイクルセンターに直接搬入するか引き取ってもらわなくてはならない。
敷布団2組とガスコンロが対象品目に含まれていたので電話すると、引き取りは一日3つまでとか、最短で一週間後とか、管理人に頼むのは構わないが不在の場合は帰るので後日際申し込みが必要だとか、サービス精神のかけらも見せない対応に腸が煮えくり返る思いがした。
幸いここの管理人さんはとっても親切な方で、退去日もままならない私達の更なる図々しいお願いにも快く応じて下さった。
[PR]
by rike22 | 2006-01-14 00:00 | 渡米前
<< VISAの申請 銀行口座を作る >>