Burg Hohenzollern
f0205332_20323098.jpg

翌日向かった先は「ホーエンツォレルン城」です。
海抜855メートルの山頂にあります。
現在のお城は三度目に建設されたもの。
一番最初のお城は11世紀頃には存在していたそうですが、その姿形については不明だそうです。
1423年に戦争で完全に破壊され、その後第二の城の再建がなされたものの、19世紀初めには全くの廃墟となってしまったのを、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(後のプロセイン王国の国王)が祖先発祥のこの地を訪問した際にお城の再建を決意したそうです。
故にこのお城の意義は「ホーエンツォレルン家の起源及び発展を建築物として体現する国家の王家の記念碑」となることにあった、とパンフレットに記載があります。

とりあえず、入口に一番近い駐車場まで車で山を登り、そこから送迎バスに乗ってお城の入口へ。
徒歩でも行けたようですが、坂道20分登る気力はありませんでした…




f0205332_20425025.jpg

お城の入口、鷲の門です
ここで入場料(一人5ユーロ)を支払い中へ

f0205332_20441497.jpg

楕円形の道が続きますが、これは馬車や荷車が登るのを配慮したものだとか

f0205332_20472629.jpg

お城の中庭の手前右手にキリスト礼拝堂があります

f0205332_20483013.jpg

どうやらこの日は結婚式の予定があったようです

f0205332_2049852.jpg

中庭に着きました
館内はツアーでのみ見学が可能です
右手のインフォメーションでチケットが買えます(一人4ユーロ)
英語のツアーは午後2時からとのことだったので
日本語のパンフを買ってドイツ語ツアーに参加しました

f0205332_20523410.jpg

館内は残念ながら撮影禁止だったので写真はありません…
豪華絢爛、というわけではないのですが、
それなりに華やかな造りではありました
内装については、ホーエンツォレルン家の歴史研究家が監修を務めたとか

f0205332_2057454.jpg

建物は当時広まっていた新ゴシック様式建築が採用されたそうです
(と言われてもあまりピンとこないのですが…)

f0205332_20554583.jpg

今度はお城の周りを散歩
山頂なので眺めは抜群!のはずが、午前中に来たため霧がかっていて
あまり遠くまでは見えませんでした

今でもドイツ最後の皇帝、ヴィルヘルム二世の子孫が所有しているこのお城
ドイツでも最も美しい城の一つに数えられているそうです


f0205332_211284.jpg

君たちには少々退屈だったかな?
(城そっちのけで中庭走り回ってた)


[PR]
by rike22 | 2010-10-12 21:07 | 散策
<< Schloss Lichten... Tübingen >>