レジ待ち
欧米諸国は「人を待たせる」ことに特に罪の意識がないように思うのですが(外国人局とか…)、お店のレジは例外なのかな、と最近思います。ちょっと列が長くなると、レジの人が大体ブザーを鳴らして誰かを呼んで別のレジを開けてくれる…という光景をよく目にするので。たまに店員さんに「ここのレジは開かないの?」って聞いてる人もいますが。(ドイツ人は待つのが嫌いなんでしょうか?)

先日もレジに並んでいたら、既にお買い物を済ませた夫婦が再び戻ってきて、レジの人に何やら聞き始めて(恐らく打ち間違えを指摘していたのでしょう)。そうこうしている間に並んでいる人の列が長くなってきたので、隣のレジが開き、私と私の前後に並んでいる人がそのままスライド。ところがしばらくしても前の人のお会計が終わらないのでふと見ると、店員さん、カードの機械がうまく作動せず大慌て。結局、「隣のレジの機械は動くと思うから、もう一度向こうでお会計の手続きをしてほしい」と詫び始め(たのだと思う)、その間にも列はまた長くなり…店員さん完全にパニック。私は特に急いでもいなかったので、移動するの大変そうだなー位に思っていたのですが、そのお客さん「じゃあ現金で払うからいいわよー」って、あっさり問題解決。

f0205332_142201.jpgするとその店員さん、お詫びとしてだと思うのですが、そのお客さんにお店のチョコレートを丸々一枚渡したんですよ。うーん太っ腹だなーと思っていたら、なんと私と後ろに並んでいたおじさんにもくれたんです。レジ移動したのに結局待たせて申し訳ないと思ったんでしょうか?たいして待った気もしなかったし、かえって私の方が申し訳ない気持ちになってしまいました。こんな大きなオマケをもらったのは初めてです。多分こんなことはこの先はないと思いますけど…

そして最近チョコもらうことが多いなぁ、とふと思いました 笑
[PR]
by rike22 | 2010-04-15 01:51 | 暮らし
<< ゴミの問題 モンセラット Montserrat >>