日本のお菓子
f0205332_22403434.jpg


今週は日本から出張者がいらしてまして、またこの方々は海外拠点に頻繁に行かれているので、いつも大変嬉しいお土産を持ってきてくださいます。今回はおうどん、ほんつゆ、辛子明太子!そして、ちゃんとドイツ人スタッフにもお土産を買ってきて下さるのです。(おかげで彼らは日本からの出張者は必ずお土産をくれるものだと思ってしまってるらしいです…)今回は結構沢山持ってきて下さったそうで、主人が私にもちょこっと持って帰ってきてくれました。文明堂のカステラ。左のゴーフルと八つ橋は前回持ってきて下さったものをすごく気に入った人がいたらしく、リクエストしたんだとか。彼らは割と食に対して柔軟だそうで(日本食も大丈夫という人が多いみたい)、お菓子も美味しいと喜んでいる様ですが、皆が口をそろえて「なぜ日本のお菓子はこんなに何度も梱包されているのか」と言っているそうです。確かにこのカステラも、袋を開けたらさらにカステラがパラフィン紙で包装されてたし。奇麗だけど過剰包装だなぁと思いますよね。そして包装されすぎてて中身が分からない時があるのも警戒心を生む様ですね。日本で流行ってるとか、見た目が可愛いとかよりも、見て何なのかがすぐ分かるシンプルで美味しいもの、がいいようですよ。

何はともあれ、私は自宅で美味しくいただいております。
カステラ食べたのなんて何年ぶりかしら。
[PR]
by rike22 | 2010-02-05 22:57 | 暮らし
<< Hamburger TAUTROPFEN の SA... >>