体を温める
f0205332_2015383.jpg


どんよりしたお天気が続いています。確実に冬は近づいている模様。
末端冷え性の私には大変辛い季節到来、です。

先日、日経新聞の土曜日版を読んでいたら、「体を温める飲み物」の特集がありました。
ドイツ人が大好き(と思われる)コーヒー、日本人には欠かせない緑茶は実は体を冷やすそうです。逆に体を温めてくれる、今の季節お勧めの飲み物は紅茶、穀物のお茶(そば茶等)、ハーブティ、ルイボスティーとのこと。体を温めるスパイス(シナモンやジンジャー)入りのお茶もよいそうです。それ以来、朝のコーヒーを紅茶に、午後もルイボスティーのみ、日によってはコーンティをポットに作っておいて一日それをゆっくり飲んだりしています。そして最近よく飲んでいるお茶がこちら。カカオ味?と不思議に思い試しに買ってみたのですが、本当にほんのりカカオの香り&お味。ミルクを入れるとさらにその風味が引き立って美味しく飲めます。(でも苦手な人もいるかも…ちょっとクセがあるような気もしますので)これも。Alnatura で。 ドイツはお茶も数多くの種類があって選ぶのが楽しいです。

食べ物に関しては、砂糖(特に白い砂糖がたっぷり入ったケーキ類…)と果物(特に南国の果物は体を冷やします)は避け、野菜も季節の物を積極的に取りましょう、とのこと。夏の野菜、たとえばトマトやキュウリは避けて根菜類を、ということですが、ドイツで根菜類はなかなか厳しいです…。

あまり神経質にならない程度に、なるべく体を温められるよう、食生活も気をつけないと。
[PR]
by rike22 | 2009-11-13 00:01 | 食べ物
<< クリスマスのリース Brötchen zum fe... >>