救援物資
f0205332_25273.jpg

フランクフルトは大体日本のものは手に入る環境だと思います。
…お金さえ惜しまなければ。
やっぱり本は高いです。そんなことを先日、日本の母との電話でぽろっと口にしたら
「SAL便なら安いから、家にある読み終わった文庫本、送るわよ~」と嬉しい提案。
こうと決めたら即行動の私の母、翌日には手配してくれて、一週間ちょっとで無事
我が家に到着しました。ありがたいことです。
文庫本ならこれだけ送ってもらっても送料¥2,100でした。
ドイツ語学校もしばしお休みなので、お天気が悪い日にでも少しずつ読んでいこう
かなと思います。(ドイツ語の勉強もしないといけないですね)

f0205332_2523228.jpg

主人は今送られてきた中のコレをすごい勢いで読み進めていますが、
一方私はというと、実はこちらを熟読中。昨年一時帰国した時に買ったものです。
ほぼ現代語、でもちょっと古風な表現も使われていて、とっても読みやすいです。
ただ登場人物がやたら多いので、人物相関図を書きつつ読んでます。
母が送ってくれた本は、とりあえずこれを読み終えてから。上・中・下と先は長い…
[PR]
by rike22 | 2009-07-22 03:07 | 暮らし
<< マフィン ドイツでスタバ >>